野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

“MLB最強のクレイジー”、
「T」が横浜を覚醒させる夏。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by(C)YDB

posted2013/07/17 10:30

“MLB最強のクレイジー”、「T」が横浜を覚醒させる夏。<Number Web> photograph by (C)YDB

ブルワーズで青木宣親にポジションを奪われ、昨年オフにFAで移籍したナイジャー・モーガン。青木は「トラブルメーカーのイメージがあると思うんですけど、そんなこと全然なくて、とてもあったかい人間で、すごく好きなタイプの選手」と雑誌に答えている。

ラミレスにもらった「Stay Game」というアドバイス。

――よろしくお願いします。

「オネガイシマス。Aaaaaaahhhhhhhh!」(頭ペコペコからのTポーズ決め)

――6月になって予告通りに調子が上がってきましたが、何故6月と確信が持てていたのですか?

「自分がスロースターターであることは、長い間、野球選手をやってきて理解していましたから、あとから良くなっていくのはわかっていました。ただ、日本では初めてのシーズンですし、ピッチャーも知らない相手ばかりでしたから、そういうところでタイミングの取り方なりを変えていく必要に迫られました。この好調はそれにようやく慣れて来たということです」

――その背景には控えに回ってから、ラミレス選手から受けたアドバイスも大きかったようですが。

「彼からは本当にいろいろなアドバイスをいただきました。ラミレスは一番成功している外国人選手ですし、彼のひとつひとつの行動が日本で成功する秘訣だと思っています。特にどういう振る舞いをすれば日本人に愛して貰い、信頼してもらえるか、そういうことを目の前で見せて貰えたことが自分には大きかったですね。彼は野球の仲間としてだけでなく、一人の親しい友人としてよくしてくれています。僕が控えに回った時、こんな言葉を貰いました。『Stay Game』。試合に出続けろ。ベンチで応援するのではなく、スターティングメンバーとしてフルシーズン活躍できる選手でいろと。僕が野球をやって来た中で、いろんな選手との出会いがありましたけど……彼はその中でも一番に近い存在です」

Fuuuuuuu,GAKUGAKUGAKU,HAHAHAHAHA!

――MLB時代は1、2番を打つことが多かったですが、現在は3番を任されています。座り心地はどうでしょうか?

「自分は塁に出てかき回す1、2番の方が向いているでしょうね。今までクリーンナップを打ったこともないですし……やっぱり、3番はランナーを返さなきゃいけないというプレッシャーが……Fuuuuuuuu(深いため息)。GAKUGAKUGAKU(おどけて震える)、HAHAHAHAHAHA! OHOHOHOH!

 ……ただ、自分は与えられたところでベストを尽くす。それだけしか考えていません(至ってマジメに)」

――長打力も発揮しつつ、セーフティでのバントヒットも今シーズンすでに10本ほど決めていますね。

「セーフティは少年野球からずっとやってきましたが、武器のひとつでしかありません。自分の役割は、チームを勢いづかせること。僕は外国人ですけど、日本でやっている限りは日本人という意識でやっています。日本ではアメリカのような酷い野次もないですし、基本的に野球選手を尊敬してくれていることが嬉しいですね。日本文化はお互いに尊敬しあうところが凄くいいところ。ダイスキデス。ワカリマシター! HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」

【次ページ】 皆が「T」を作って喜んでくれるのが嬉しい。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
ナイジャー・モーガン
ナカヤマフェスタ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ