野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

“MLB最強のクレイジー”、
「T」が横浜を覚醒させる夏。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph by(C)YDB

posted2013/07/17 10:30

“MLB最強のクレイジー”、「T」が横浜を覚醒させる夏。<Number Web> photograph by (C)YDB

ブルワーズで青木宣親にポジションを奪われ、昨年オフにFAで移籍したナイジャー・モーガン。青木は「トラブルメーカーのイメージがあると思うんですけど、そんなこと全然なくて、とてもあったかい人間で、すごく好きなタイプの選手」と雑誌に答えている。

謎のイニシャル野球集団と化したDeNA。

 開幕からの予言通り“6月の目覚め”を果たしたモーガンは、その後月間打率.367、出塁率.483と成績を急上昇させると、7月に入っても3日のヤクルト戦で4安打2本塁打5打点と大暴れ。スタジアムのスタンドに両手で「T」を作るファンが日増しに増殖していっただけでなく、ベイスターズの選手たちにも蔓延。楽天の「Burn!」やら阪神のパフォーマンス同様、今のDeNAベンチではモーガンを迎える際に「T」を行うだけでなく、モーガンに「センパイ!」と呼ばせている鶴岡や、多村、高木豊コーチまでが「T」を使用していることが確認されている。

 さらに頭文字「T」とはまったく関係ない荒波翔が「S」、7月4日にプロ初完封を果たした須田も「S」を作り出すと、ベテラン金城龍彦までもが巧みに指を組み合わせて作る「K」のマークをマスターしたりと、謎のイニシャル野球集団と化し、ベンチの雰囲気が一丸となりつつあるようだ。

素顔は至ってマジメ、はっちゃける時はどこまでも。

 チーム関係者が語る。

「来日前は、モーガンのメジャーでの報道や映像を見て、どんな荒くれ者が来るのかと身構えていたんですけど、実際はとても紳士的で、あのまんま性格に裏表がないんです。ベンチにいる時も荒波がバッターボックスに立つと『SHOW TIME! SHOW TIME!』って連呼するなど、賑やかな場面ではハチャメチャにやりますけど、それだけじゃない。人に対して配慮ができるんですよ。凡退したり打ち込まれて落ち込んでいる選手がいたら、そっと寄って行って優しく肩を叩いて慰めたり……いい男なんですよ。だから愛されるんですね。今や毎日選手たちにいじられながら、チームを明るくしてくれている欠かせない存在になっています」

 素顔は至ってマジメな野球人ながら、はっちゃける時はどこまでも行く、まさに多重人格のナイジャー・モーガン&トニー・プラッシュ。そんな絶好調の彼に好調の理由を聞いてきた。

【次ページ】 ラミレスにもらった「Stay Game」というアドバイス。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
ナイジャー・モーガン
ナカヤマフェスタ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ