SCORE CARDBACK NUMBER

すべてが初体験だった、
井戸木のメジャー制覇。
~全米プロシニア王者、51歳の素顔~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/06/30 08:00

すべてが初体験だった、井戸木のメジャー制覇。~全米プロシニア王者、51歳の素顔~<Number Web> photograph by KYODO

最終日に5打差を逆転し全米プロシニアを制した井戸木は全米プロ選手権の出場権も獲得。

 全米プロシニア選手権(5月23日~26日)で優勝を果たした51歳の井戸木鴻樹が、スターツシニア(6月14日~16日)の初日に61というハイスコアを出した。これは、日本シニアツアーの新記録だ。

「全米プロシニアのときに、一生分のパッティングが入ったと言いましたが、この日も、一生分入った感じです」と、豪快な笑顔を見せた後、「やっぱり、メジャータイトルを獲ったということで、みなさんに注目されて、恥ずかしいゴルフは見せたくないですから」と、口を引き締めた。

 日本人のメジャー制覇は1977年の全米女子プロ選手権で優勝した樋口久子以来、日本男子プロでは初の快挙である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

井戸木鴻樹

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ