SCORE CARDBACK NUMBER

からみ合うマシン特性。
本命なきレースは続く。
~超高速F1イタリアGPを占う~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/09/10 06:00

からみ合うマシン特性。本命なきレースは続く。~超高速F1イタリアGPを占う~<Number Web> photograph by Getty Images

チームオーダーの嫌疑が長く尾を引いていたが、母国GPで巻き返しを図りたいフェラーリ

 接近した展開のまま、いよいよ終盤戦である。9月12日にヨーロッパラウンド最後となる第14戦イタリアGP(モンツァ)、その後はアジア遠征となり、26日に第15戦シンガポールGPが待ち構えている。超高速戦から公道ナイトレースと続く9月は、チーム、マシン、エンジン、ドライバーの適応能力が問われる興味深い2戦になる。

 M・ウェバー、L・ハミルトン、S・ベッテル、J・バトン、F・アロンソの5人が拮抗した状況のまま夏は過ぎた。初秋に行なわれるおなじみモンツァは1922年にできたクラシックコースである。昨年は最高速345km/h、エンジン全開率70%以上という最もタフなハイスピードバトルが見られた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

F1の前後のコラム

ページトップ