SCORE CARDBACK NUMBER

小橋に続き田上も引退へ。
「方舟新章」の正念場。
~プロレスリング・ノアの世代交代~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/06/13 06:00

小橋に続き田上も引退へ。「方舟新章」の正念場。~プロレスリング・ノアの世代交代~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

玉麒麟の名で角界でも活躍した田上はプロレス転向後、全日の四天王として一時代を築く。

 プロレスリング・ノアが、“絶対王者”小橋建太の引退試合の翌日5月12日に東京・後楽園ホールで「方舟新章」と銘打って新たな再建への舵を切った。

 精神的なバックボーンであった小橋が去り、秋山準以下バーニングの5選手が退団したいま、戦力ダウンが否めないノア。再出発の合言葉は「心に残るプロレス」であるが、その前途は厳しい。

 この後楽園ホール大会で田上明社長が、「私事ですが、12月にラストマッチをして、社長業に専念したい」と引退を表明、25年間の選手生活にケジメをつけることになった。

 団体設立者の三沢光晴さんが没して4年。実戦面のリーダー、丸藤正道副社長とのツー・トップでノアを維持してきた。温厚な人柄だけでは、組織の再結束は難しい。そろそろ、三沢のグリーン・カラーからの脱却も迫られてくる。下半期に向け、どんな企画を打ち出すのか。これから真の経営手腕が問われる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

さあ、ブラジルだ。~2014W杯出場決定&コンフェデ総力特集~

関連記事

小橋建太
田上明
三沢光晴
丸藤正道
杉浦貴
高山善廣
森嶋猛
矢野通
KENTA

プロレスの前後の記事

ページトップ