SCORE CARDBACK NUMBER

ついにトップリーグ開幕、
今季は新生・神鋼に注目。
~大畑大介、最後の挑戦~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2010/09/02 06:00

ついにトップリーグ開幕、今季は新生・神鋼に注目。~大畑大介、最後の挑戦~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

立川(東芝)のタックルを振り切る大畑。WTBからCTBへのコンバートは吉と出るか

 つくづく、おトクなイベントだと思う。毎年8月上旬に行なわれている網走ラグビーフェスティバル。今夏は7日、三洋電機×サントリー、東芝×神戸製鋼、トヨタ自動車×リコーの各試合が組まれた。昨季トップリーグ上位5チームがすべて集結し、1カ月後の開幕を睨んだガチンコ対決を、まとめて、無料で、それも全部至近距離で見られるのだ。

 その網走で「夏合宿を最初から最後までやりきったなんて、何年ぶりだろ?」と笑顔を見せたのは神戸製鋼の大畑大介だ。'07年のアキレス腱断裂以降も筋断裂、肩の骨折など故障が続き、近年の夏合宿では開幕に向けた調整が多かったが、今夏は6日間で組まれた練習試合3連戦を皆勤。最後の東芝戦は「まさかの80分フル出場ですよ」と苦笑したが、その3試合すべてでトライを決める充実ぶりだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大畑大介

ラグビーの前後のコラム

ページトップ