SCORE CARDBACK NUMBER

不屈の意志で実戦復帰へ。
大塚晶則に奇跡は起きるか。
~41歳、元大リーガーの再出発~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/05/30 06:01

不屈の意志で実戦復帰へ。大塚晶則に奇跡は起きるか。~41歳、元大リーガーの再出発~<Number Web> photograph by AFLO

BCリーグの信濃グランセローズ入りが発表された大塚。2003年以来の日本復帰となる信濃では、本名の「晶文」で再スタートを切る。

 投げられる喜びは、何にも代え難かった。パドレス、レンジャーズで活躍し、2006年のWBCで日本代表のクローザーを務めた大塚晶則投手が、約6年ぶりに実戦のマウンドに戻ってくることが確実となった。

「今までと違う感覚があります。やっと試合で投げている自分を想像できるようになりました」

 右肘痛に耐えられず、戦列を離れたのが'07年7月1日のレッドソックス戦後。以来、実戦のマウンドには立っていない。その後、2度のトミー・ジョン(腱移植)手術をはじめ、骨片除去、神経移行など計5回の手術を行なった。だが、傷口がふさがり、筋力を強化し、満を持して投げ始めても、そのたびに痛みが再発した。日本各地の病院を巡り、治療法を探しても、元の体には戻らなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大塚晶則

MLBの前後のコラム

ページトップ