SCORE CARDBACK NUMBER

秋山準が3冠タイトル挑戦。
“大型対決”に高まる期待。
~6.30、全日・諏訪魔と激突~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/05/11 08:00

秋山準が3冠タイトル挑戦。“大型対決”に高まる期待。~6.30、全日・諏訪魔と激突~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

優勝するも「やらなければいけないことがまだある」と3冠王者・諏訪魔を見据える秋山。

 全日本プロレス“春の本場所”チャンピオン・カーニバルを制したのはバーニングのリーダー・秋山準だった。

 4月29日、東京・後楽園ホール。青春の忘れ物(大トロフィー)を手にした秋山は、5月11日に日本武道館で行なわれる小橋建太の引退記念試合を意識して、「こうしてバーニングの仲間とベルトを巻いて、鉄人の前に立てるのが最高にうれしい」と語った。ノアを退団して約4カ月。世界タッグ王座のパートナー・潮崎豪、世界ジュニアヘビー級王者・金丸義信、アジアタッグ王者チームの青木篤志と鈴木鼓太郎に囲まれ、喜色満面の勝利インタビューだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

諏訪魔
秋山準
潮崎豪
金丸義信
青木篤志
鈴木鼓太郎
KAI
真田聖也
船木誠勝
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
KENTA

プロレスの前後のコラム

ページトップ