SCORE CARDBACK NUMBER

新日“春の陣”が左右する、
棚橋、オカダ時代の行方。
~4・7、IWGPベルトを懸けて激突~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/07 06:00

新日“春の陣”が左右する、棚橋、オカダ時代の行方。~4・7、IWGPベルトを懸けて激突~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

IWGPベルトをかけての戦いは4度目となる棚橋(左)とオカダ。わずか3カ月での再戦。

 新日本プロレスのエース・棚橋弘至が、ニュージャパンカップ(NJC)覇者、オカダ・カズチカの挑戦を受けて立つ。4月7日、東京・両国国技館で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合のことだ。

 二人の対戦成績は棚橋の2勝1敗。棚橋は8度目の防衛がかかる。一方のオカダは“春のG1”NJCを初出場、史上最年少25歳で制した勢いに乗る。3月23日、後楽園ホールで行なわれた決勝戦。3回優勝の後藤洋央紀を相手に、オカダの戦いぶりは見事だった。後藤の必殺技、昇天・改(変形の首折り落とし)を耐えしのぎ、得意のレインメーカー(至近距離からのラリアット)を決めた攻撃はそつがなく、明らかに成長の跡が見てとれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急特集> こんな日本代表が見たい。

関連記事

棚橋弘至
オカダ・カズチカ

プロレスの前後の記事

ページトップ