オリンピックへの道BACK NUMBER

競泳界のエースは北京の蹉跌を胸に。
入江陵介と古賀淳也が五輪再挑戦。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2010/07/22 10:30

競泳界のエースは北京の蹉跌を胸に。入江陵介と古賀淳也が五輪再挑戦。<Number Web> photograph by Takao Fujita

今月から日本オリンピック協会(JOC)のシンボルアスリートとなった入江陵介と古賀淳也。2人は14日、パンパシフィック選手権の高知合宿のため、アメリカ・アリゾナへ旅立った

失意の古賀を再起させたトレーナーの言葉とは?

 日が過ぎても気力を取り戻す様子のない古賀に、ある日、スポーツトレーナーが諭した。

「そんなことでは、何をやってもだめだ」

 すると古賀は一変した。意欲を失っているかのように見えて、実は再起への志は充満していたのかもしれない。ともかく、絶妙なタイミングでかけられた言葉が契機となったのだ。自分のありかたを反省し、それまでの競技人生の甘さも痛感した。練習への姿勢はさまがわりし、教えを乞うために多くのコーチのもとを訪ねて歩いた。

「挨拶、礼儀が大切なんだ、そこからやりなおそう」とも考えるようになった。

 明けて'09年の日本選手権100mで初優勝し、昨年7月の世界選手権の同種目では金メダルを獲得する。1年前からすれば想像できない活躍だった。

 印象深かったのは、金メダルを得たにもかかわらず、古賀は喜びを露わにしなかったことだ。

「一緒に泳いだ選手たちに失礼になりますから」

 その言葉も、心の成長を示すものであった。

 パンパシフィック選手権が8月18日に開幕することもあって、2人は今、強化に余念がない。世界規模の大会ではないが、アメリカやオーストラリアなどの強豪が参加するだけに、五輪中間年である今シーズン、世界での位置を再確認する絶好の機会である。

 そして、今も忘れないという'08年の悔しさを糧に、本当の勝負の場である2年後のロンドン五輪を見据えている。

関連記事

BACK 1 2
入江陵介
古賀淳也
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ