野球クロスロードBACK NUMBER

今年は“エース候補”から脱皮する!
中日・伊藤準規、背番号18の重み。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/02/23 08:01

今年は“エース候補”から脱皮する!中日・伊藤準規、背番号18の重み。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦での伊藤。140キロ台後半の直球と鋭く落ちるフォークで巨人打線を翻弄し続けた。

ピッチャーとして全ての自覚を持ち、マウンドに立つ。

「気持ちのコントロールがしっかりできたと思います」

 試合後、伊藤は冷静に自身の投球を振り返る。昨季はわずか1勝に終わったが、翌年への飛躍のきっかけは確かにつかんでいた。

 通算4勝。数字としては物足りない。だが、蹉跌を経て、ようやく伊藤は覚醒の時を迎えようとしている。

「個人的にどうこうという思いはない」と、背番号18に対して彼は言った。だが、今季から自身の素直な思いを封印し、エースナンバーを意識してマウンドに立つ。

「ピッチャーとして全てにおいて自覚を持って、背番号18を背負います」

 言うまでもなく、周りは伊藤の活躍を待ち望む。本人にしても、その思いは強い。

 伊藤は言う。

「数字はあえて意識しません。とにかく、先発ローテーションとして1年間投げられるように頑張るだけです」

 もう、「候補」とは呼ばせない。今季こそ爆発し、エース争いに名乗りを上げる。

関連記事

BACK 1 2 3
伊藤準規
中日ドラゴンズ
吉見一起

プロ野球の前後の記事

ページトップ