リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

崩壊目前のマラガがCLの台風の目!?
チームを救ったペジェグリーニの侠気。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/02/06 10:31

崩壊目前のマラガがCLの台風の目!?チームを救ったペジェグリーニの侠気。<Number Web> photograph by Getty Images

ペジェグリーニがマラガ監督に就任したのは2010年11月。初年度はリーガ11位と低迷するも、昨季は4位入り。2009-2010シーズンはレアルを率い、その前の2004年から2009年までは「イエロー・サブマリン」として名を馳せたビジャレアルの指揮を執った。

「監督が選挙に出れば市長にだってなれるだろう」

 こんな監督を地元紙マラガ・オイは'12年のキーパーソンに選び、その理由を次のように述べた。

「CLでは無敗を続け、イスコをU-21の欧州最優秀選手に仕立て上げ、ホアキンの最高のプレイを取り戻し、カソルラの移籍を忘れさせるなど多大な功績があった。ラ・ロサレーダのスタンドでは試合のたびに彼の名前が叫ばれている」

 またエル・パイス紙は「選挙に出れば市長にだってなれるだろう」というクラブ関係者のコメントで、マラガの町におけるペジェグリーニ人気の高さを表している。

 選手と監督の間に生じた溝が原因で予想外のつまずきを続けるチームがある一方で、マラガはペジェグリーニの下で結束し、下馬評を覆す好調を維持。

 監督の求心力は重要であり、かつ強力な武器ということだ。

関連記事

BACK 1 2 3
マヌエル・ペジェグリーニ
マラガ
アブドゥラ・アル・タニ
ホアキン・サンチェス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ