野球クロスロードBACK NUMBER

侍ジャパンのムードメーカー宣言!
松田宣浩、WBC日本代表への道。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byYuji Arakawa

posted2013/01/08 10:30

侍ジャパンのムードメーカー宣言!松田宣浩、WBC日本代表への道。<Number Web> photograph by Yuji Arakawa

走攻守と揃った才能を持つ松田。チームメイトから“マッチ”と親しみを込めて呼ばれるほどの人気者になれるかどうかは、本番での活躍にかかっている!

「自分がキーマンになるWBCにしたいです!」

 さらに付け加えれば、松田にはもうひとつ、果たさなければならない役割がある。

 彼はソフトバンクで誰よりも声を出す。勝っていればなおさら、負けていればチームの士気を高めるためによりテンションを上げる。

 ムードメーカーとしても、松田は強力な戦力となるのだ。

「今でも野球を続けられているのは、どんなにきつい時でも元気に声を出してきたからだと思っています。だからWBCでも、そのスタイルは変えずにチームを盛り上げていきます。僕、ホークスでは『マッチ』って呼ばれているんですけど、ジャパンのみんなからもそう呼ばれたいんですよ。『松田』だと堅苦しいんで、マー君とか若い選手たちにも『マッチさん』と呼んでほしいですね」

 進化する打撃に経験を通じて相手チームを冷静に分析できる眼。そして、常に声を出すムードメーカーの気質。第3回大会において、松田はキーマンになりえる要素を備えている。

「自分がキーマンになるWBCにしたいです! ジャパンのユニフォームって、自分が持っている以上のパフォーマンスを出させてくれると思うんですよ。アドレナリンというか、そういうのも大きな武器になるような気がするんです。だから、僕を勢いに乗らせたら怖いですよ。乗ったらね、もう止められないですよ!」

 WBCの最終メンバーは2月15日から始まる代表合宿後に発表されるため、松田のジャパン入りはまだ正式に決まっていない。

 だが、雌伏の時を経て掴んだ絶好のチャンスを、この男が容易く失うはずがない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松田宣浩
福岡ソフトバンクホークス
立花義家

プロ野球の前後の記事

ページトップ