欧州サムライ戦記BACK NUMBER

もうサイドバックの選手じゃない!?
進化した長友のエリアは“ゾーンF”。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/12/20 10:31

もうサイドバックの選手じゃない!?進化した長友のエリアは“ゾーンF”。<Number Web> photograph by AP/AFLO

最近はMFのメッザーラとして先発することが増えている長友。インテルは長友と2017年までの契約合意ができたらしく、年明けにも正式発表される見通し。

監督は「インテルの将来を担う選手」と最高の評価。

 サイドの攻防に挑む長友をつぶさに観察すると、相手マーカーとの競り合いや、頑強なDFたちによるファウルすれすれのプレーに一歩も引かないタフネスに驚く。

 どれだけ戦術的に価値ある選手でも、90分間もたないヤワな身体では信頼されない――選手の戦術的価値は、フィジカルとテクニックという両翼が揃ってこそ意味があることを長友は教えてくれる。

「一対一で相当強くなったし、何をすべきかわかるようになった。長友こそインテルの将来を担う選手だ」

 選手の評価をするとき、ストラマッチョーニはリップサービスなどしない。

 冬の市場でスナイデルが去ることになれば、3年前の3冠シーズンの象徴だった6人のトッププレーヤーたちのうち残るのはFWミリートだけだ。いよいよ加速するインテルの世代交代にあって、これからキャリアハイを迎えようとする長友が、新世代の名門クラブの先頭に立つ。

 逆転スクデットに向けて、「ゾーンF」を攻略せよ。

 新ポジション“メッザーラ”から、長友のアタックは続く。

関連記事

BACK 1 2 3
インテル
長友佑都
フアン・ジェズス
アントニオ・カッサーノ
アンドレア・ストラマッチョーニ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ