SCORE CARDBACK NUMBER

船木の王座奪回でも続く、
全日本ヘビー級の危機。
~9・23、諏訪魔と因縁の初防衛戦~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/22 08:00

船木の王座奪回でも続く、全日本ヘビー級の危機。~9・23、諏訪魔と因縁の初防衛戦~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

3冠戦史上最短試合時間12分12秒を大幅に更新、流出していた至宝の奪回に成功した船木。

 8月26日、リニューアルされたばかりの東京・大田区総合体育館(旧大田区体育館)。船木誠勝が、全日本の創立40周年記念大会3冠ヘビー級決戦でノア所属の王者秋山準を4分37秒(3冠戦史上最短タイム)で撃破した。

 秋山のV5を阻止し、同ベルトを10カ月ぶりに全日本に奪回。'85年3月に新日本でデビューした船木は、28年目にして、プロレスの初シングル王座を獲得した。

 総合格闘技の経験を生かした船木の速攻は見事だった。秋山の後頭部に右ハイキックを叩き込み、すかさず新兵器のハイブリッド・ブラスター(腕固め式脳天杭打ち)を見舞ってトドメを刺した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 664文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<日本サッカー総力特集>ロンドン五輪代表と考える男と女の未来図。

関連記事

船木誠勝
秋山準
諏訪魔
真田聖也
ジョー・ドーリング

プロレスの前後の記事

ページトップ