SCORE CARDBACK NUMBER

76ersの快進撃を支えた、
もう一人の“AI”。
~イグオダラ、守備のエースとして~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/11 06:00

76ersの快進撃を支えた、もう一人の“AI”。~イグオダラ、守備のエースとして~<Number Web> photograph by Getty Images

2004年から76ers一筋のイグオダラ。攻守ともに献身的なプレーが持ち味でダンクも得意。

 今も昔も、フィラデルフィアでAIと言えば、アレン・アイバーソンのことだ。先日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのホームゲームに姿を現したときの熱狂的な喝采が、今も変わらぬ人気を示していた。

 しかし、アイバーソンが試合を客席から見るだけだったのに対し、コート上にはもう一人、AIがいた。アイバーソンがシクサーズを離れて以来チームを支えてきたアンドレ・イグオダラだ。アイバーソンとチームメイトだった時期もあり「もう一人のAI」と呼ばれていた。

 名前のイニシャルこそ同じだが、イグオダラはアイバーソンとはまったくタイプの違う選手だ。アイバーソンがオフェンスのエースなら、イグオダラはディフェンスのエース。アイバーソンのように自由自在に点を取ることはできないが、相手チームのエースを封じ込めることはできる。アイバーソン時代のシクサーズがワンマンチームだったのに対し、今のシクサーズは全員バスケのチームなのも、イグオダラのカラーを反映していた。「自分がこのチームのエースだと思っている。前にいた人たちとは違うやり方でやっているだけだ」とイグオダラは言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 435文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2012~日本代表が語る究極観戦術~

関連記事

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
アンドレ・イグオダラ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ