フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

無敗王者のチャンを下した高橋大輔。
2年ぶりに取り戻した自分への信頼。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2012/04/24 10:30

無敗王者のチャンを下した高橋大輔。2年ぶりに取り戻した自分への信頼。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

会心のフリーが終わった直後の高橋大輔。「最後まで、気持ち良く、楽しく滑ることができて嬉しいです」と笑顔で語った。

来季の大勝負はチャンの地元・カナダのオンタリオ州で。

 もっとも、来季は地元開催のプレッシャーと後押しを受けるのはチャンの番だ。

 来シーズンの世界選手権は、カナダのオンタリオ州ロンドンで開催される。五輪前年の世界選手権という大切な大会で、日本の選手たちは最大のライバルの地元に乗り込み、いわば「敵地」で戦わなくてはならない。チャンがそこでいい滑りを見せたなら、ジャッジはさぞかし気前よく点を出すことだろう。

 高橋も、そのことをよくわかっている。

「気持ちを緩めないようにしないと。今回はパトリックがパーフェクトに滑った中での勝利ではないので。二人ともパーフェクトだったらやはりまだ彼が上にいくと思う。来季はフリーで4回転を2本入れていきます」

 試合の翌日、高橋はそう語った。

チャンに勝利したことで来季のジャッジにも好影響が!?

 この国別対抗はまだ開催2回目の団体戦でもあり、さほど重要な大会ではない。だがここでチャンに勝ったという実績を作ったことで、高橋は来シーズン、精神的にも対等な立場で戦いに挑むことができるだろう。国際ジャッジも「あのチャンに勝った高橋」という目で彼を評価するようになる。

 その一方、久しぶりに2位に甘んじたチャンも、気合を入れて再調整に取り組んでくるに違いない。たとえチャンが完璧に滑っても負けたくないと思うのなら、高橋が言うようにフリーで4回転を2度入れることは、必須条件となる。

 ソチ五輪まで、あと2年をきった。来季も熾烈な白熱戦が期待できることは間違いない。

関連コラム

BACK 1 2 3
パトリック・チャン
鈴木明子
高橋大輔
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ