SCORE CARDBACK NUMBER

雨のマレーシアで
明暗の分かれた2人。
~ペレスの快挙と可夢偉の試練~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/11 06:00

雨のマレーシアで明暗の分かれた2人。~ペレスの快挙と可夢偉の試練~<Number Web> photograph by Getty Images

F1参戦19戦目にして快挙を成し遂げたペレス。メキシコ人による表彰台は実に41年ぶり。

 雷雨のち曇り、めまぐるしくコンディションが変化した第2戦マレーシアGPで、2年目の新鋭S・ペレスが金星となる2位表彰台を果たした。ザウバーはBMW時代に優勝もしているが、P・ザウバー代表率いるインディペンデントチームとしては'93年の結成以来となるベストリザルトだ。

 チームメイトが世界中のメディアに囲まれている間、小林可夢偉はすでにサーキットを後にしていた。残り10周でブレーキトラブルによるリタイア。帰国便の時間が迫っていたとはいえ、あのような結果を突きつけられれば、どんなドライバーでも一刻も早く立ち去りたくなる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

セルジオ・ペレス
BMWザウバー
小林可夢偉

F1の前後のコラム

ページトップ