SCORE CARDBACK NUMBER

大晦日イベントに見た、
日本格闘技界の現状。
~石井慧の姿が象徴したもの~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/01/14 08:00

大晦日イベントに見た、日本格闘技界の現状。~石井慧の姿が象徴したもの~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

ヒョードルの強烈な右ストレートを受け、KO負けを喫した石井は鼻骨骨折と診断された

 歴史は繰り返すのか。大晦日恒例の格闘技イベント『元気ですか!! 大晦日!! 2011』は、今回格闘技とプロレスの混合で行なわれた。この種のイベントでプロレスが複数組まれたのは2000年の『INOKI BOM-BA-YE』以来、11年ぶりのことだ。

 日本の総合格闘技はプロレスから枝分かれする形で生まれた。その後、完全に分離し、ひとつの競技として確立したかのように見えた。しかし、ここ数年アメリカの格闘技マーケットとは対照的に、日本のそれは地盤沈下。昨年、K-1はついに活動休止に追い込まれた。

 K-1と協調路線をとっていたDREAMも例外ではなく、ファイトマネーの高い外国人選手は呼びにくくなり、対戦カードは日本人同士が中心に。『元気ですか!!』の運営母体はDREAMをプロモートするリアルエンターテインメントだったが、今回はアントニオ猪木氏が会長を務めるプロレス団体『IGF』に協力を求め、ようやく開催にこぎ着けた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

石井慧
エメリヤーエンコ・ヒョードル

格闘技の前後のコラム

ページトップ