Doスポーツの偉いヒト!!BACK NUMBER

<マラソン> 10.30“大阪マラソン”をランニング初心者が走ってみた。(前編) 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2011/12/07 06:00

<マラソン> 10.30“大阪マラソン”をランニング初心者が走ってみた。(前編)<Number Web> photograph by Sports Graphic Number
ランニング超初心者である筆者がとうとうあの市民マラソンに挑戦! 府を挙げてのこの一大イベントで果たして完走することが出来るか?

 走ってきたぜ! 大阪マラソン。人生初の42.195kmは、ハチャメチャな道のりになった。

 練習期間は実質2カ月。しかも最長到達地点25kmという状態で本番1週間前を迎えた。不安になり、100kmマラソン世界記録保持者の砂田貴裕師匠に再指導を仰ぐ。「上体の力を抜きつつ、腕を振って」と言われたが、体得できず。やむなく「まず上体の力を抜き、下半身だけで走る。しんどくなったら腕を振る」という作戦で本番に臨むことに。超我流の「上半身・下半身分離走法」だった……。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

砂田貴裕

陸上の前後のコラム

ページトップ