フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

女子の熾烈な戦いで勝利を得た14歳、
女王の中の女王、トゥクタミシェワ。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byABACA/AFLO

posted2011/11/22 06:01

女子の熾烈な戦いで勝利を得た14歳、女王の中の女王、トゥクタミシェワ。<Number Web> photograph by ABACA/AFLO

シニアでも実力派のカロリナ・コストナー、アリッサ・シズニーを破って、GP2勝目を挙げてしまったエリザベータ・トゥクタミシェワ。まだ14歳にもかかわらずメンタルの強さは折り紙つき。「いい滑りができました。第2戦より自信もありました」とコメントを残した

浅田真央はファイナル進出の切符を得られるか?

 今回は優勝を逃したものの、2位のカロリナ・コストナー、3位のアリッサ・シズニーはそれぞれベテランらしい演技を見せてくれた。特にシズニーはフリー1位で、SPでの失敗がなければ優勝も可能なスコアだった。GPファイナルはこのままトゥクタミシェワの一人勝ちになるかどうかは、まだわからない。

 ここでの女子メダリスト3人は、全員ファイナル進出が決定した。これにNHK杯優勝でファイナル行きの切符を手にした鈴木明子を入れて4人。残りの2人は、浅田真央らが出場する来週のロシア杯で決定される。

完全無欠のパトリック・チャンが見せたわずかな綻び。

 一方男子は、全体的に不調な出来だった。

 パトリック・チャンは、試合の数日前まで熱があったそうで、SP、フリーでそれぞれ1回ずつ転倒。フリーでは4回転を二度成功させたが3アクセルを抜かすなどして、ベストな演技ではなかったものの、楽々と独走優勝を果たした。

「GPシリーズでの演技はいつも開発途上と考えています。だからここでできたことは、それなりに手ごたえがあったし、満足しています」

 会見でチャンは、相変わらず明るい表情で前向きに語った。

 彼の言うように、GPシリーズはあくまでシーズンの前哨戦であり、本当の勝負はシーズン最後の世界選手権で決まる。その大舞台だったモスクワ世界選手権で、5月にチャンが見せたような演技を毎回続けられたら、もう誰も勝てないのではないか、と思った。

 だがこの大会でのチャンの演技だったら、SP、フリー、総合点すべてにおいてNHK杯の高橋大輔のほうが勝っている。フリーでは技術点、そして5コンポーネンツもすべて高橋のほうがかなり高い点を得た。そして高橋はNHK杯で一度も4回転を成功させていない。高橋の総合力をもってすれば、チャンが4回転を2回跳んでも勝つことは十分可能なのである。

 もちろん違う試合のスコアを比べても意味がなく、勝負はそのときの運である。

 とはいうものの、チャンも人の子。体調が不調ならミスも続くし、決して誰にも勝てないスーパーマンではないことが証明された。

【次ページ】 男子のファイナル出場枠も残り3つ。ロシア杯は大混戦か。

BACK 1 2 3 NEXT
エリザベータ・トゥクタミシェワ
浅田真央
カロリナ・コストナー
アリサ・シスニー
パトリック・チャン
ミハル・ブレジナ
ソン・ナン
高橋大輔
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ