自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

スズメとツーキニストは越冬準備を!
「防寒」ではなく「臨機応変」が肝要。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/11/22 06:00

スズメとツーキニストは越冬準備を!「防寒」ではなく「臨機応変」が肝要。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

あるツーキニストの冬の風景(於:オシャレな六本木)。ダンディな黒のジャケットがなかなか渋く決まってますね。大きめのLEDテールランプが、日の入りが早い冬の夜にも大いに役立っております

「寒い」から「涼しい」、そして「気持ちいい」へ。

 で、2、3分も経つと身体に血がめぐってくる。めぐってくると、あれ、さっきまで、寒い、動かない、と思っていた身体に少し力が湧いてくる。脚にも力が入るようになる。ならば、そこにちょっと力を入れてみようか。

 すると……おおーっ! 

 力を入れること自体がちょっと気持ちよくなってくる。

 こうなってくるとしめたもの、いつの間にやら時速は25km、いつもと変わらないスピードが出ている。身体も暖まる。さっきまで「寒い」「冷たい」と感じていた風も「涼しい」「気持ちいい」に変わってくる。自分の息がリズミカルになる。

 ふと気づくと目的地だ。

 着いたら自転車に乗る前よりも確実に体調がいいし、気分もよくなっていることを実感するはず。この「撫でるようなペダリング」、実は寒い時に限らず、私の自転車ツーキニスト歴15年の中で、一番の極意である。

「撫でるような」「ペダルに脚を載せるだけ」で大丈夫。そう思うからこそ、15年も続いている。そして、その継続こそが力なり、であった。

ツーキニスト定番の大問題。冬の服装はいかに?

 冬の首都圏ツーキニスト、服装を考えてみよう。

 あくまで昨今の温暖化著しい首都圏の話だけど、冬の服装で、最も気をつけるべきは「防寒性能」ではない。私に言わせると「臨機応変性能」。これこそが冬場に役に立つと思う。

 なんのことかというと、そこまで絶対温度が下がらない首都圏での冬の服装は、以下の複数の条件を同時に満たさねばならぬということなのだ。

  1) 漕ぎ出し始めの寒さ。
  2) 漕いで10分経った後の快適さ。
  3) 30分経った頃の暑さ(本当に汗ばむほどに!)

 これら3つの状態を、すべて受け止めねばならないのが冬のツーキニストの服装なのである。故に、そうした懐の深さ、すなわち「防寒の絶対性能」よりも「快適に過ごせる気温の幅」の方が重要になってくるのだ。

サイクルモードでも大盛況だったファッションコーナー。ツーキニストの服装も年々洗練されてきた

 となると、意外や羽織る系(ジャケットなど)のいわゆるカジュアル系が、結構、都合のいいものとなってくる。そこに薄手のハーフコートをさらに羽織る、という感じ。

 最初は前を閉めて走る。暖まってきたら、前を開けて。この開ける瞬間がとても気持ちいい。あ~涼しぃ~という感じ。

 自転車だからもちろんロングコートは難しいが(裾がからまるし、トップチューブをまたぎにくいぞ)、いったん自転車生活に慣れてくると、そもそもロングコート的なものが(なぜか)あまり好きでなくなってくるから、それでいいのだ。

 だいたい自転車生活に慣れると、それまでの生活に較べて、服が一枚少なくなるね。

【次ページ】 手編み系もこもこセーターが意外にイケる。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ