SCORE CARDBACK NUMBER

乗り替わりと枠順が
明暗を分けた秋華賞。
~エ女王杯で池添の雪辱なるか?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2011/11/08 06:00

乗り替わりと枠順が明暗を分けた秋華賞。~エ女王杯で池添の雪辱なるか?~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

秋華賞を制して、6戦4勝2着1回となったアヴェンチュラ。馬名はイタリア語で「冒険」

 今年の3歳牝馬戦線は文字通りの百花繚乱。3冠最終戦の第16回秋華賞(10月16日、京都芝2000m、GI)は、骨折のために春のクラシックには参戦することさえできなかったアヴェンチュラ(栗東・角居勝彦厩舎、父ジャングルポケット)が、実績馬たちを力でねじ伏せる見事な内容でもぎ取った。

 これで牝馬3冠のタイトルは、桜花賞馬マルセリーナ、オークス馬エリンコートとアヴェンチュラが持ち合う形で決着。桜花賞2着、オークス3着、そして秋華賞も3着と健闘したホエールキャプチャの存在も大きいだけに、3歳牝馬の年度代表馬争いは混迷の度合いを深めた感がある。年長の牝馬と混じって戦う、エリザベス女王杯(11月13日、京都芝2200m、GI)で、どの馬が最も印象的な走りができるかに、ますます注目が集まるところとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦秘話。~秋のプロ野球名勝負~

関連記事

アヴェンチュラ
池添謙一
ホエールキャプチャ

競馬の前後の記事

ページトップ