野球善哉BACK NUMBER

被災地でありながら被災地でない!?
青森代表・光星学院は無心に戦う。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/08/19 19:30

被災地でありながら被災地でない!?青森代表・光星学院は無心に戦う。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

大阪生まれの沖縄育ち。青森には高校から野球留学でやってきた川上竜平選手。強肩強打を誇る外野手兼投手で、準決勝の作新学院戦では8回にソロホームランを決め、勝利を確実にした

背負うモノが違っても、野球に対する熱い思いは同じ。

 光星学院のある選手は、こんなことを語っていた。

「東北に優勝旗が行ってないから、(優勝旗を)持ちかえりたいと思って野球をやっているわけではありません。一戦一戦、とにかく全力で戦って、その結果が優勝とか、準優勝になってくれればな、と」

 東北勢初の優勝がかかる決勝だが、周囲の異常な期待とは関係なく、光星学院はもしかするとちょうど良い緊張感でいつもの通り戦えるのかもしれない。

「決勝戦を楽しみたいとか、胸を借りるつもりで戦いたいというつもりはない。何が何でも勝ちに行く」と仲井監督が宣言すれば、川上主将も決勝への誓いの言葉をつなげた。

「やれることを全力でやっていれば、結果はついてくると思う。ここまでは粘り強い野球で勝てているんで、自信もある。でも、ホンマの勝負は明日。負けたら意味がない」

 個性たっぷりの集団、光星学院は我が道を進みながら、ついにその栄冠を勝ち取ることができるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
川上竜平
田村龍弘
仲井宗基
光星学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ