SCORE CARDBACK NUMBER

全米制覇に挑んだ、
アメフト界の“なでしこ”。
~鈴木弘子、不屈の46歳~ 

text by

渡辺史敏

渡辺史敏Fumitoshi Watanabe

PROFILE

photograph byAkatsuki Uchida

posted2011/08/21 08:00

全米制覇に挑んだ、アメフト界の“なでしこ”。~鈴木弘子、不屈の46歳~<Number Web> photograph by Akatsuki Uchida

プロフットボーラーとしてデビューした2000年、いきなりオールスター戦にも出場したという

 なでしこジャパンのW杯制覇から約2週間、もう1つのフットボールで、アメリカの頂点に挑んだ日本人女性がいた。北米女子プロ・アメリカンフットボールリーグ(IWFL)のカリフォルニア・クェイクに所属する鈴木弘子だ。

 鈴木は、日本でスポーツインストラクターをしていた1995年、30歳の時に「お稽古事感覚で」アメフトを始めてからのめり込み、より高いレベルを目指して’00年に単身渡米。以降12年間に渡り活躍してきた。IWFLは、WFAと並びアメリカに2つある女子トップリーグのうちの一つ。しかし、プロとはいえ薄給で、飛行機での遠征ではチケット代を選手が負担しなければならないほどだという。それでも鈴木は、「苦労を感じたことはないです。アメフトのことだけを考えていればいいので本当に毎日が楽しい」と笑う。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鈴木弘子
カリフォルニア・クェイク

他競技の前後のコラム

ページトップ