オフサイド・トリップBACK NUMBER

激化するマンチェスターの覇権抗争。
「C」がプレミアの勢力を塗り替える。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/08/06 08:00

激化するマンチェスターの覇権抗争。「C」がプレミアの勢力を塗り替える。<Number Web> photograph by Getty Images

マンチェスター・シティのオーナーであるシェイク・マンスール・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン。サッカーだけでなく、ドバイには競馬場を作り、F1のフェラーリのチームにも莫大な投資をしている、アラブ首長国連邦(UAE)の王族にして将来有望な閣僚のひとりでもある

異質なマンCのサッカーがプレミアの勢力図を塗り替える?

 さらに述べれば、マンCがどこまで勢力を伸ばすかは、プレミアのサッカーそのもののスタイルや「カルチャー」にも一石を投じかねない。大枚を叩いて選手をかき集めるという前近代的な手法もしかりだが、マンCは上位チームがパスサッカーへの傾倒を強めつつある中にあって、フィジカルの強さと粘っこい守備をベースに、チームワークというよりは個の力で打開していくというイタリア型、あるいは南米のクラブチームを連想させるようなスタイルで戦うことも度々あるからだ。

 チームの体質も独特で、過去にはエキサイトした選手同士が練習中につかみあいの喧嘩をしたケースも報じられている。かくしてタブロイドにつけられた見出しが「マンチェスター・シティ・ファイトクラブ」。今夏移籍したばかりのクリシーも、驚嘆混じりに述べている。

「ここでは皆、本気でタックルするんだよ」

「コミュニティ・シールド」はタイトル獲得への試金石だ。

 シェイク・マンスールの元でマンCが変貌し始めた2008年夏、超大型補強の第1号となったロビーニョは「マンチェスターで最も有名なクラブの一員になれて幸せだ」と発言。欧州サッカー関係者全体の失笑を買った。

 しかし現在のシティは、もはや単なるジョークの対象ではない。当の選手たちも、自分たちが「シリアス(本格的)」にタイトルを狙える集団であることを証明しようとするだろう。

 その最初の試金石であり、プレミアの今季を占う大一番こそが「コミュニティ・シールド」という名の豪華なマンチェスター・ダービーなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
シェイク・マンスール
マンチェスター・シティ
ロベルト・マンチーニ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ