野球善哉BACK NUMBER

前田健太の何かがおかしい――。
“泥臭い”投球に、復活の兆しを見た。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/22 11:50

前田健太の何かがおかしい――。“泥臭い”投球に、復活の兆しを見た。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨年の成績は15勝8敗、防御率2.21だった前田健太。セ・リーグとしては11年ぶりとなる投手三冠(奪三振174)となった

ガッツポーズで吠え、グラブを叩いてベンチに戻る前田。

 この西武戦のピッチングが、次の登板である楽天戦での1カ月半ぶりの勝利につながったのはいうまでもない。楽天戦は雨中ということもあって、序盤こそ制球が安定しなかったが、足場に慣れた3回以降、西武戦と同じようなピッチングで、気持ちのこもった投球をしていた。

 3回表、二死満塁のピンチで嶋を迎えた場面がこの日のハイライトシーン。

 3球勝負で、しかも、最後はインコースへストレートを投げ込み、空振り三振に斬った。

 ガッツポーズを作って、吠え、グラブをバチンと叩いてベンチに戻っていく姿は、昨季の前田健を思い起こさせたものだった。

 感情をむき出しにするマエケン、相手に向かっていくマエケン――。

 復調の気配が見えたというものである。

 試合後、本人に「今日の試合でも、スマートではなく戦えたか」と尋ねると、彼はきっぱりと言い切った。

「前の試合と同じようなピッチングは続けられた。ボールの切れ、コントロールだけじゃなく、気持ちの面においても、徐々に良くなっている」

 前田健太らしさが戻ってきた。

 完全復調はそう遠くない位置に来ている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
前田健太
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ