SCORE CARDBACK NUMBER

天才児と日本馬に胸躍る、
欧州3歳マイル王決定戦。
~6月14日、グランプリボスの挑戦~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2011/06/12 08:00

天才児と日本馬に胸躍る、欧州3歳マイル王決定戦。~6月14日、グランプリボスの挑戦~<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

グランプリボスは今年死去した父サクラバクシンオー譲りのスピードを武器に欧州に挑む

 ヴィクトワールピサを代表とする現4歳世代の馬たちが「ヴィンテージ」と称されるほど突出して強いこともあって、今年の3歳世代は小粒なのではないかと疑いの眼差しを向けられている。

 その中でオルフェーヴル(栗東・池江泰寿厩舎、父ステイゴールド)が強い内容で2冠を制したのは、皐月賞の直前あたりから急激な上昇カーブを描いて成長できたことによるもの。ダービーで勝ち馬に際どく迫ったウインバリアシオン(栗東・松永昌博厩舎、父ハーツクライ)も、同様に上昇度で他馬を大きく上回った結果と分析できる。極端な話、若い馬たちは一晩寝て起きるたびに強くなれるものなのだ。ただし、秋以降にあの強い世代に交じって五分に戦うためには、もっともっと力をつけ続けなければいけないのはいまさら言うまでもない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~

関連記事

フランケル
グランプリボス

競馬の前後の記事

ページトップ