SCORE CARDBACK NUMBER

飛躍のために可夢偉が
克服すべき課題。
~F1序盤戦分析と中盤戦展望~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/05/28 08:00

飛躍のために可夢偉が克服すべき課題。~F1序盤戦分析と中盤戦展望~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

トルコGPでは怒濤のオーバーテイクを見せ、最後尾から14台を抜いて10位入賞を果たした

 序盤戦を分析すると“1強”レッドブルがマクラーレン、フェラーリ、ルノー、メルセデスGPを凌駕。これら5チームを追う先頭に小林可夢偉をエースとするザウバーがつける。この新戦力構図でヨーロッパラウンドへと入った。

 あらゆる要素で優るレッドブルに対し、他のチームにはそれぞれ課題を指摘することができる。マクラーレンはハミルトンが中国GPで1勝を挙げたが、コースによってマシンセットアップが難しく好不調の波がある。冬のテストでレッドブルに接近していたフェラーリはマシンアップデートで躓き、空力データの再点検に追われるなどベースパフォーマンスの改善に精力を傾けなければならなかった。両陣営の間隙を縫って表彰台の一角に切り込んだルノーを、レッドブルのチーフテクニカルオフィサー、A・ニューウェイは「最大のサプライズ」と賞賛するが、裏を返せばR・クビサ欠場により現在の2人のドライバーは脅威ではないという意味にも取れる。2年目に入ったメルセデスGPの悩みはピレリとのマッチングで、低温コンディションでは比較的いいが路面温度の変化によってロングランペースが激変し、戦略面に影響が出た。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 442文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これが日本の生きる道。~欧州サッカー'10-'11シーズン総集編~

関連記事

小林可夢偉
BMWザウバー

F1の前後の記事

ページトップ