Sports Graphic NumberBACK NUMBER

マラドーナの遺伝子を受け継ぐ者たち。 メッシ/テベス/アグエロ ~母国での評価は?~ 

text by

中谷綾子・アレキサンダー

中谷綾子・アレキサンダーAyako Alexandra Nakaya

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2009/09/26 08:00

マラドーナの遺伝子を受け継ぐ者たち。 メッシ/テベス/アグエロ ~母国での評価は?~<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

【セルヒオ・アグエロ】 1988年6月2日、ブエノスアイレス生まれ。'06年、A・マドリーにクラブ史上最高額で移籍。昨季は37試合で17ゴール。174cm、74kg

欧州のビッグクラブによるアトレティコのアグエロ争奪戦。

 '06年には、国内リーグだけでなく、ユース代表での活躍が評価され、複数の欧州強豪クラブが獲得に乗り出し、最終的には、スペインのアトレティコ・マドリーに移籍した。'07年には、FIFA世界最有望選手賞を受賞。アトレティコが欧州で返り咲く原動力となり、UEFAカップ出場に引き続き、今年は、CL出場権を獲得した。

「スペインでは、アグエロブームがはじまったばかりだ。夏の移籍マーケットでは、バルサをはじめ、チェルシーやユーベ、インテルといった強豪がアグエロ獲得に興味を示した。我々の実況では“アルゼンチンのロマーリオ”と呼ぶ者もいる。しかし、残念ながら、リーガではほとんど無口で、記者会見に登場するのも、年2、3回。彼の声を聞ける機会が少ない」と語るのはスペインのラジオ局“SER”の名物アナウンサーだ。

 そのあどけない容姿から、アルゼンチン国内では圧倒的な女性人気を誇る。

 スペインで見せる無愛想の理由を聞くと、「無愛想かな? いつもニコニコしてるよ。でも、僕の本業は、サッカー選手。話すことじゃない。やるべきことをやっているだけだよ」と、笑いながら答える。また、アトレティコで見せたエリア内でのラフプレーに触れれば、「かなり後ろからドリブルでつっこんだから、へとへとで、勢いあまって滑ったんだ」と、正直に告白したりもする。

国内リーグから巣立った選手だからスターになれる。

 アルゼンチンの多くの選手がそうであるように、アグエロは身内でないと口を開かないタイプなのである。彼にとって欧州での生活は、試合でプレーしているに等しい。実際は愛嬌たっぷりな人なつっこい性格で、ベテラン組にとても可愛がられている。

 特にテベスを慕っており、「ここぞって言うときに、必ずそこに居るんだ。カルリートスは、優しくて、安心感をくれる。すごく懐が大きい人なんだよ」と、憧れだけではない尊敬を抱く。

 アグエロもテベスも、アルゼンチンリーグから欧州へ飛躍した選手であり、アルゼンチン人が最も好む、マラドーナ同様の成り上がりタイプの選手だ。母国愛、同志愛を重要視するアルゼンチン人にとって、2人は象徴的な選手なのである。

(続きは Number737号 で)

2010W杯予選特集南米 サッカー大国の宿命。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディエゴ・マラドーナ
アグエロ
カルロス・テベス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ