SCORE CARDBACK NUMBER

地方競馬再建のために
抜本的な解決策を。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2006/06/22 00:00

 地方競馬の落ち込みぶりは、カンフル剤どころか、すでにモルヒネが必要なぐらい、のっぴきならないところまで来ていると思われる。首都圏のナイターを軌道に乗せて、ここだけは絶対に安泰と思われていた大井競馬でさえ、設備投資の回収に手間取って収支の帳尻を合わせるのが大変になっているという噂だ。とすれば、他の競馬場は売り上げの桁が一つも二つも違うわけで、ソロバン勘定が合わないのも当然といえる。

 視野を広くしてもらえれば、競馬場単位の収支計算だけで存在価値を論じるのがそもそもおかしいのだが、ギャンブル場を「必要悪」と考えている層が決して少数でなくいることも確かなこと。自治体に利益をもたらさなくなったそれは単なる「悪」で、そんなものは廃止してしまえという思考に至るというのもよくわかる。競馬に携わっている人間としては非常に残念なのだが、厳然たる事実として認めないわけにはいかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ