SCORE CARDBACK NUMBER

低迷レッズのフリールが目指す“ポジション”。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2005/07/07 00:00

低迷レッズのフリールが目指す“ポジション”。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 試合前の練習まで20分以上もあるというのに、ライアン・フリールは真っ先にフィールドに飛び出していった。どうやら、それは今日に限った事ではないようだ。いや、フィールドに出ていくだけでなく、球場入りも一番乗りらしい。

 「地元でナイトゲームがある時は、午後1時に入っているね。何しろオレには他の連中よりやる事がいっぱいあるから」

 と、言いながらニヤッと笑った。なかなか精悍な顔つきの29歳である。

 地区最下位の不振に喘ぐレッズのユーティリティー・プレーヤー。昨季は'92年のトニー・フィリップス以来となる5つのポジションでそれぞれ10試合以上に出場。今季も既に、最も出場機会の多い二塁を始め、遊撃、三塁、左翼、中堅、右翼の6つのポジションを守っている。しかも、6月20日現在、合わせて 54試合に出場して打率.287、2HR、9打点を記録、リーグ2位の21盗塁もマークしている。フリールは単なるユーティリティー・プレーヤーではなく、「スーパー・サブ」と言った方がふさわしいのかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 484文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集!コンフェデレーションズ杯]日本はもっと強くなる。

MLBの前後の記事

ページトップ