SCORE CARDBACK NUMBER

42回目の12月15日、
また思い出すあの夜。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2006/01/12 00:00

 卓上カレンダーの枚数が残り少ない。また今年も「12月15日」が過ぎた。

 あなたは力道山をどのくらい知っているだろうか。暴漢の凶刃に倒れてから42年の月日が流れた。享年39。

 筆者は当時、入社2年目のボクシング担当記者。リキ・ボクシング倶楽部オーナーの力道山は知っていても、プロレスラー・力道山の肉声には触れていない。

 彼が亡くなった夜、取材で遺体が運ばれた赤坂の自宅、リキ・アパートに飛んだ。暴力団が絡んだ事件ということもあり現場は異様な雰囲気。寒さも吹き飛び、全身が硬直したことを覚えている。怖かった。これが筆者のプロレス初遭遇だった。あの一夜は記憶からは消せない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「対戦国を語る」W杯に見る夢。
力道山
百田光雄

プロレスの前後の記事

ページトップ