SCORE CARDBACK NUMBER

アメフトW杯in川崎。焦点は「打倒アメリカ」。 

text by

生沢浩

生沢浩Hiroshi Ikezawa

PROFILE

posted2007/06/28 00:00

 7月7日、第3回アメリカンフットボールW杯が川崎市で開幕する。過去2回の大会('99年イタリア・パレルモ、'03年ドイツ・フランクフルト)はいずれも日本が制覇した。つまり、アメフト界唯一といえる世界大会の優勝カップは、我が国が保持しているのである。

 ところがこの優勝には「本場アメリカが不参加だった」というただし書きがつく。今大会はそのアメリカが満を持して参戦する。「打倒アメリカ」をスローガンに発展してきた日本アメフトの真価が問われる大会でもある。

 川崎大会には日米を始めフランス、スウェーデン、ドイツ、韓国の計6カ国が参加。2ブロックに分かれて総当たり戦を行い、それぞれの1位チームが15日の決勝で世界一の座を争う。日本はフランス、スウェーデンと同組で、決勝戦でアメリカと対戦することが目標だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

総合格闘技 “PRIDE後”の世界。DOES UFC RULE MMA?

他競技の前後の記事

ページトップ