ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川所属のドルトムントが優勝目前!!
圧倒的強さを生んだ、3つの要因。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2011/04/23 08:00

香川所属のドルトムントが優勝目前!!圧倒的強さを生んだ、3つの要因。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

第30節終了時点で、21勝6分3敗。ここまで連敗なしとシーズンを通して安定した戦いぶりを見せている

自らの目と足で若い才能を集めてきたツォルクSD。

 TVゲーム好きのスボティッチは、サッカーのシミュレーションゲームにはまっている。先日、TVに出演した際にはこんなエピソードも披露している。

「この前、ついにうちのチームがカガワを獲得したんだ!」

 TVゲームの中でも、チームメイトのことが気になるらしい。

 自らの目と足で選手を探し、集めてきたツォルクSDは得意げだ。

「うちの若い選手たちは、他のチームでは考えられないようなコンビネーションを見せる。(年齢の近い選手たちが)クロップ監督の働きかけでひとつになっていたんだ」

優勝を確信したファンたちが練習場に押し寄せ、入場制限まで!

 優勝が確実になった翌週のこと。

 4月20日、この週、唯一の公開練習には1000人を超えるファンがつめかけた。危険を察知した警備員は、やむなく練習場の入り口で入場制限を行なうことになってしまった。練習場で満員御礼が出るクラブが、一体どれほどあるだろうか。

 フンメルスは、昨季の後半戦に一気に順位を上げたバイエルンとの違いを強調する。

「僕たちはシーズンを通して、良い状態をキープしてきましたからね。来シーズンの成績が悪くなるなんてことも考えられないと思いますよ」

 来季もまた、ドルトムントは喧騒につつまれるのではないか。そう感じさせる強さが今のチームにはある。

■関連コラム► 蓄積した疲労もあった香川の骨折。 ドイツでの反響とリハビリの壁。
► 経営危機を越えブンデス史上最強に! ドルトムントの“黄金の成功術”。

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ボルシア・ドルトムント

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ