フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

チャン、高橋、ヨナ、安藤、浅田……。
世界フィギュアは前代未聞の大混戦!? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images/REUTERS(AFLO)

posted2011/04/22 10:30

チャン、高橋、ヨナ、安藤、浅田……。世界フィギュアは前代未聞の大混戦!?<Number Web> photograph by Getty Images/REUTERS(AFLO)

GPファイナル優勝を含め、今季3回優勝のパトリック・チャン(カナダ)は、優勝候補ナンバー1。一方、韓国でM・クワンの義兄オペガード氏をコーチに練習を重ねてきたキム・ヨナ。今季、安藤美姫や浅田真央の得点は低いが、実戦から離れたヨナがどれほど復活しているかが鍵となる

女子もアジア人3人が表彰台を独占するか!?

 その一方で、逆に今シーズン最初から安定した結果を出してきた安藤美姫にとっては、集中力を途切れさせないように維持しているのは大変だったのではないかと思う。そのあたりは、勝負強いモロゾフ・コーチがきっと何らかの工夫をして調整をしてきたことだろう。初出場の村上佳菜子にとっては、どんな結果になろうとも貴重な体験を積む大会になる。彼女らしい伸び伸びとした演技を期待したい。

 おそらく女子も、アジア人3人が表彰台を独占する可能性大だ。

 私の当初の予想は、東京という舞台で、男女シングルともにアジア人6人が表彰台を独占するというものだった。だが開催がロシアに移ったことで、欧州の選手が予想以上に健闘する可能性も出てきた。

 いずれにせよ、この前代未聞の状況下で開催された大会は、心がもっとも強い選手が勝つ。どの大会もそうだが、これまで以上にそのことが強調される試合になることだろう。

関連コラム

BACK 1 2 3
パトリック・チャン
キム・ヨナ
浅田真央
安藤美姫
高橋大輔

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ