フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

チャン、高橋、ヨナ、安藤、浅田……。
世界フィギュアは前代未聞の大混戦!? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images/REUTERS(AFLO)

posted2011/04/22 10:30

チャン、高橋、ヨナ、安藤、浅田……。世界フィギュアは前代未聞の大混戦!?<Number Web> photograph by Getty Images/REUTERS(AFLO)

GPファイナル優勝を含め、今季3回優勝のパトリック・チャン(カナダ)は、優勝候補ナンバー1。一方、韓国でM・クワンの義兄オペガード氏をコーチに練習を重ねてきたキム・ヨナ。今季、安藤美姫や浅田真央の得点は低いが、実戦から離れたヨナがどれほど復活しているかが鍵となる

男子優勝は間違いなくチャンと日本人3人で争われる。

 本来ならば、東京で自国の観衆の応援を受けながら試合に挑むはずだった高橋大輔、小塚崇彦、織田信成の3人が、どのような精神状態、コンディショニングでモスクワにやってくるのか。この非常事態に、どこまで集中してトレーニングをしてこられたのだろうか。

 今の日本に、明るいニュースをもたらしたい。

 彼らは3人とも間違いなく、そう考えているだろう。その思いがモチベーションとして心を引き上げるか、あるいはプレッシャーとなって足を引っ張るか。いずれも能力ではそれぞれ甲乙をつけがたいほど実力のある選手が揃った。あとは、各自の心の強さが問われるときだ。

 いずれにしても優勝は、日本選手3人とチャンの間で競われることになるだろう。プレッシャーで誰かが崩れたとすれば、欧州チャンピオンのフロレン・アモディオ、ブライアン・ジュベールらが表彰台に割り込んでくる可能性もある。冒頭でチャンが語ったように、本来ならばもうオフシーズンに入っていたこの時期まで、体力、精神力を維持してコンディショニングをうまくやりとげた選手が勝つ。それが誰になるかは蓋を開けてみるまで予想がつかない。

昨年3月から隠遁するかのようにメディアに出なくなったキム・ヨナ。

 女子では、もっとも気になるのが言わずと知れたキム・ヨナの状況である。

 昨年3月のトリノ世界選手権を最後に、キムは競技生活から休養をとっていた。アイスショーなどの活動を除くと、まるで隠遁生活のように一般社会に顔を見せなくなった。いったいどのような状態でトレーニングをしているのか、ほとんど情報がはいってこない。

「相変わらず男子みたいな大きな3回転を跳んでいました。彼女が跳ぶと、あまりにも楽々と跳ぶからまるで2回転みたいに見えるの」

 最近まで彼女と同じカリフォルニアのリンクでトレーニングをしていたというある選手が、そう語ってくれた。

 だが選手にとって、試合慣れというのは大切なコンディショニングの一環である。しばらく間があくと、地方大会など小さな試合に出てから大舞台に挑むというのはどんなベテランでも普通にやることだ。1年以上の期間をあけていきなり世界選手権に挑むキム・ヨナが、どのような演技を本番で見せるのか、これもまた予想がつかない。

 世界チャンピオンとしてタイトルを守る立場の浅田真央は、今季から佐藤信夫コーチのもとで新スタートをきり、心機一転して技術修正に励んできた。通常フィギュアスケートの世界では、コーチを移って技術を修正すると試合で結果を出すのに2年かかるといわれている。浅田はGPシリーズこそ不調だったが、全日本選手権、四大陸選手権と徐々に調子を上げてきた。そんな彼女にとって、1カ月余分にトレーニングできたことは大きなメリットになったのではないだろうか。

【次ページ】 女子もアジア人3人が表彰台を独占するか!?

BACK 1 2 3 NEXT
パトリック・チャン
キム・ヨナ
浅田真央
安藤美姫
高橋大輔

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ