SCORE CARDBACK NUMBER

優しくてわがままだった
“複雑な”天才の記録。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2004/07/01 00:00

優しくてわがままだった“複雑な”天才の記録。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 '94年5月1日、イモラ・サーキットの不幸な事故から10年の月日が流れた。世界中のファンの心で、今も喪失感は消えない。

 '04年のサーキットでは佐藤琢磨がドライブするB・A・Rホンダが疾走し、琢磨の活躍、ホンダの躍進が人々の心をフォーミュラ・ワンに呼び戻す。'89年以来、グランプリ現場に足を運ぶ取材者でもある訳者、今宮雅子は言う。

「佐藤琢磨の活躍でF1を見始めた方々は、アイルトン・セナのドライビングを目にしたことがない。そういう方から尋ねられるんです。『セナはどういう人だったんですか?』と。だからこそ、ジャーナリスト、フロワサールが、セナをきちんと描いたこの本をファンの元に届ける必要があると思いました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1122文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アイルトン・セナ

F1の前後の記事

ページトップ