SCORE CARDBACK NUMBER

タイムリミットが迫る、名王者・徳山の進退。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/06/22 00:00

 徳山昌守(31)の進退問題がまだ決着しない。

 5月25日、大阪・生野区の金沢ジムにメディアを集めて開いた記者会見。重大発表があると聞き、てっきり引退発表と思いきや、「長谷川か亀田と、ビッグマッチ以外はやらない」。これでは2月のナバーロ戦直後から少しも前進していない。

 徳山は昨年川嶋勝重を見事にアウトボックスして世界王座を奪還すると、今年2月には1位挑戦者ホセ・ナバーロに文句のつけようもない判定勝ちで防衛。試合直後のリング上で「これでWBCスーパーフライ級は卒業します」と宣言したのも記憶に新しい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 641文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、魂の逆襲を。

Sports Graphic Number 2006/6/23臨時増刊

日本代表、魂の逆襲を。

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ