SCORE CARDBACK NUMBER

偉業達成の陰にあった
ウッズの勇気と計算。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2008/07/24 00:00

偉業達成の陰にあったウッズの勇気と計算。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 タイガー・ウッズの左ひざの手術が成功した。左ひざの手術は、今回で4度目である。'94年、学生時代にできた腫瘍の除去。'02年の暮れには、ひざに溜まった水を抜いた。そして今年4月、マスターズが終わって走るように帰路につき、すぐに軟骨除去の手術をした。

 6月中旬の全米オープンは、その3度目の手術後、初の大会出場だった。それだけでなく、出場2週間前には、ほかに脛骨に疲労骨折が2カ所あった。それを押し切って出場したのである。

 全米オープンでは、バーディーを獲る以上に、いかにダブルボギーを叩かないようにするかが優勝の鉄則だ。けれどもウッズは、4日間で4つのダブルボギーを叩いて、なおかつ優勝した。僕の記憶では、おそらく初めての勝者だと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総力特集]彼らが戦い続ける理由。
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ