SCORE CARDBACK NUMBER

器は豪華な海外開催。肝心の日本選手は? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2008/05/29 00:00

 東京よみうりCCで、福嶋晃子と韓国の新鋭・申智愛が1時間以上に及ぶプレーオフを繰り広げていたころ、中国・北京では「パインバレー北京オープン」が行われていた。

 昨年は中国ゴルフ協会(CGA)とアジアンツアー(AT)の共催だったが、今年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)が加わり、日本男子ツアー初めての海外での公認競技開催となった。

 北京市内から車で1時間ほど、万里の長城がある連山を背にしたパインバレーゴルフリゾート&カントリーがコース。設計は、ジャック・ニクラスで、全4コース、72ホールある。日本では想像もつかない広大な敷地で、ホテルもあり、まるでアメリカのパームスプリングスやフロリダの巨大なリゾートコースに来たような錯覚をしてしまう。これだけのスペースと施設があれば、通常の米ツアーが開催されても支障をきたさない。日本のバブル期ですら、ここまでのスケールのコースはできえなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 501文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

停滞を打ち破れ!脱・日本サッカー宣言。

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ