SCORE CARDBACK NUMBER

赤ヘル躍進を支える主砲・栗原の存在感。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/10/09 00:00

 FA制度がスタートした'93年、戦力の不均衡を心配する12球団のオーナーの中で、広島東洋カープの松田元オーナーだけが「戦力が抜ければ、それを補う選手が育ってくるものだ」と語っていた。広島はFAでの草刈り場と言われ、江藤智(現・西武ライオンズ)金本知憲(現・阪神タイガース)新井貴浩(現・阪神)らの4番打者が毎年のようにチームを去っていった。

 今年、松田の言葉通り、4番打者の穴を埋める新しいスターが生まれつつある。9年目を迎えた広島の栗原健太である。日大山形高時代には、高校通算39本塁打を放ち「東北の怪童」と言われていた。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督は「松井秀喜(ヤンキース)並みのパワーを持っている」と栗原の実力を高く評価していたものだ。入団6年目で初めて3割を達成。昨年は全試合出場を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 532文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[阪神タイガース最強論]岡田の虎。
広島東洋カープ
栗原健太

プロ野球の前後の記事

ページトップ