SCORE CARDBACK NUMBER

九州場所は明も暗も記録尽くめ。
~大記録樹立の白鵬と魁皇~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/12/15 06:00

九州場所は明も暗も記録尽くめ。~大記録樹立の白鵬と魁皇~<Number Web> photograph by KYODO

朝青龍に吊り出される、10日目の千代大海。初場所で10勝以上すれば再昇進もあるが……

 明暗それぞれ。今年の九州場所は、記録尽くめの場所だった。

 まずは3日目。史上最多の幕内在位98場所を更新中の大関魁皇が、史上3人目となる幕内通算800勝を達成した。37歳、持病の腰痛をはじめ満身創痍の身体はぼろぼろ。場所前にはすり減った関節の潤滑油としてヒアルロン酸を肩や膝に注射する。身体のケアを最優先し、土俵に立ち続ける魁皇。800勝目は、把瑠都に必殺技の小手投げを見舞い、怪力を豪快に披露した。地元福岡の会場は大興奮。花道の奥に戻るまで続いた「かいおう!」の声援は、生涯記憶に残るに違いない。その後、魁皇は白星の数を史上単独2位の806まで上積み。史上1位、千代の富士の807勝を完全に射程圏に捉えた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

森麗
魁皇
千代大海
白鵬

相撲の前後のコラム

ページトップ