SCORE CARDBACK NUMBER

昭和の名ボクサー関光徳さんを悼む。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2008/06/26 00:00

 昭和30年代後半から40年代初めにかけて、日本のボクシング黄金期に華々しく活躍した関光徳さんが66歳の若さで急逝した。

 世界王者の畑山隆則、新井田豊を輩出した横浜光ジムの会長を務め、指導者としても成功を収めたが、古いファンにはやはり「ボクサー関光徳」の印象が強い。

 「今だったら、世界チャンピオンになっているよ」。訃報に接して、ファイティング原田さんはこう話したが、筆者も躊躇なくこれに同意する。世界王者が数え切れないほどいる現在と違い、10階級10人しか存在しない頃に、世界を手中にしかけたのだから、原田さんが「今なら──」と言うのは無理もないのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。
関光徳
畑山隆則
新井田豊

ボクシングの前後の記事

ページトップ