SCORE CARDBACK NUMBER

ヒールの素質十分、
諏訪魔の奮起に期待。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2008/02/28 00:00

ヒールの素質十分、諏訪魔の奮起に期待。<Number Web> photograph by Essei Hara

 高齢化社会はリングの上にも押し寄せている。あのスピニング・トーホールドの名手ドリー・ファンク・ジュニア(67)が復活するのだ。3月1日、全日本の東京・両国国技館大会で引退記念試合を行い、最後の弟子、西村修と組んで、天龍源一郎、渕正信組とタッグマッチで対戦する。確かに昭和プロレスを彷彿とさせるレトロなカードだが、やはり武藤・全日本のバトルの本線は3冠ヘビー級選手権試合。今回は王者佐々木健介に小島聡が挑むが、2・11後楽園ホールで健介オフィス自主興行第3弾も成功させた健介は勢いに乗っている。10・18代々木大会で川田利明を破って以来2度目の防衛を狙う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。

関連記事

諏訪魔

プロレスの前後の記事

ページトップ