SCORE CARDBACK NUMBER

失われる昭和の記憶。大田区体育館を惜しむ。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2008/04/03 00:00

失われる昭和の記憶。大田区体育館を惜しむ。<Number Web> photograph by Essei Hara

 昭和プロレスの殿堂がまた一つ消える。こんな風に言ったらいささかオーバーになるが、京浜地区の名物会場、大田区体育館が老朽化し、建て替えのために3月末で閉館することになった。新しい体育館の完成は3年後の予定という。

 '65年、第18回オリンピック東京大会の記念事業として建設されたこの体育館は、収容人数4622人。横浜文化体育館と並ぶビッグマッチ開催の会場としてファンに親しまれた。京浜急行・梅屋敷駅から国道15号線沿いに歩いて5〜6分と、交通の便がよくて筆者も好きな会場だ。商店街で、人気がある店の焼き鳥やモツ煮込みをしばらく味わえなくなるのも寂しい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジャンボ鶴田
全日本プロレス
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ