SCORE CARDBACK NUMBER

新井田のV8を阻んだゴンサレスの実力。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2008/10/09 00:00

 前評判通り、いや、それ以上の強さだったと言うべきか。横浜のトリプル世界タイトル戦のトリ、WBAミニマム級戦で新井田豊を4回でストップに追い込み新チャンピオンとなった、ローマン・ゴンサレスである。

 こう言っては身もふたもないが、新井田の一番の敗因はゴンサレスが強すぎたことに尽きる──そうとでも考えなければ、新井田が4年あまり温めた王座をなす術なく失った事実が納得できない。ゴンサレスの強打を浴び、鼓膜を破られ、右目が大きく腫れてのTKO。「ぶざまにやられた」と敗者は言ったが、新井田でなければダウンは免れなかったろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 663文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[阪神タイガース最強論]岡田の虎。

関連記事

アレクシス・アルゲリョ
ローマン・ゴンサレス
新井田豊

ボクシングの前後の記事

ページトップ