SCORE CARDBACK NUMBER

人間力と技量の宝庫、
シニアツアーが面白い。
~中嶋、水巻らの第二の青春~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2009/11/16 06:00

人間力と技量の宝庫、シニアツアーが面白い。~中嶋、水巻らの第二の青春~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

シニアオープン3度の優勝を誇る中嶋常幸。今年は連覇を逃すも7連続バーディーを記録

 男子ゴルフトーナメントには、レギュラーツアーとシニアツアーがある。シニアツアーは、満50歳の誕生日を過ぎれば出場資格を得ることができる。

 米国では、2003年にシニアツアーから『チャンピオンズツアー』と名称を変えた。シニアの響きに、現役を引退した高齢者というイメージが強いのが改称した理由の一つである。

 確かに、いまの時代「もう50歳」という言葉よりも「まだ50歳」という表現の方がふさわしいような気がする。

 久しぶりに取材したシニアツアー・日本シニアオープンは、琵琶湖カントリー倶楽部で開催された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 640文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2009

Sports Graphic Number 741

ベースボールファイナル2009

 

関連記事

中嶋常幸

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ