SCORE CARDBACK NUMBER

U-30の若手にプロレスの夢を見る。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2005/03/03 00:00

 目をかけていた選手がまた新日本を飛び出してしまった。「もう少し実績を作ってからでも遅くない」と一声かけようとしていただけに残念でならない。米国のメジャー・WWEで活躍中のケンゾウ(鈴木健想=30)と同期の柴田勝頼(25)のことだ。中邑真輔、棚橋弘至との“新闘魂三銃士”なる、とってつけたようなキャッチコピーは似合わなかった。1月31日付で退団届を出した柴田はフリーを宣言。新日本前取締役上井文彦氏プロデュースの旗揚げ興行(3月予定)に参加するという。ちなみに、勝頼選手の父・勝久氏とは東京、日本、新日本と巡業取材を通しての飲み仲間だ。だからというわけではないが、息子はマスクもよく、センスもあり「立派に父親を抜いたよ。頑張れ!」とつい応援もしたくなる。“格闘王”前田日明に鍛えられ、心身面でどう強化されるか、暴れっぷりをじっくり見守りたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小さいことはいいことだ! スポーツ小兵列伝。

プロレスの前後の記事

ページトップ