SCORE CARDBACK NUMBER

充実していた九州場所。'06年が今から楽しみだ。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

posted2005/12/22 00:00

 朝青龍と琴欧州。九州場所にそれぞれの記録を懸けて臨んだ2人が、未経験の重圧に打ち勝ち、見事な大輪の花を咲かせた。

 ライバル不在、一人横綱として2年にわたり大相撲の屋台骨を支え続けた朝青龍。孤高の横綱が、初めて土俵上で涙を見せた。14日目の結びの一番、大関・魁皇戦。地元福岡出身の魁皇を後押しする声援を敵に回しながらも、完璧な相撲で7連覇を達成。勝ち名乗りを受けようとした瞬間、朝青龍の顔がぐしゃぐしゃに歪んだ。重圧たるや、想像を絶するものだったに違いない。

 「今どこにいるかわからない、という気持ちでした。今まで誰もやっていない凄いこと。全然これまでと違う」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

相撲の前後のコラム

ページトップ